Loading

BLOG

デザインプラスではどうやってコミュニケーションをとっているのか

デザインプラスは完全リモートワークの会社なので、メンバー同士はどうやってコミュニケーションをとっているのかと面接で尋ねられることがあります。

主な連絡手段は「Slack」というチャットツールです。細かくスレッドがあって、そこで議題ごとに連絡を取り合うようにしています。メンバー間や議論内容によっては通話手段をとることもありますけど、基本的には文章でのコミュニケーションです。開発の進捗管理は「Backlog」を使っていて、ファイル共有は「Googleドライブ」や「Dropbox」など。至って普通ですね。

ただ、これだけですとお互いどんな人なのかよくわかりません。普段まったく顔を合わせないですから、会ってお酒くらい飲みたいじゃないですか。そういう時は、月1の打ち合わせだったり、会社のイベント(淡路島六甲山食事会)が定期的にあるわけです。会社のイベントは遠方のスタッフまで参加することもあるので、初顔合わせなんてことも毎回あったりします。

会った時には、笑いあり、学びあり、刺激あり、という場にしたいですし、業務中はスピード感をもってやりたいです。この切替が大事です。早く次のステージに行きたいですから。

関連記事

  1. ルールのメリット・デメリット

    2022.07.15
  2. コミュ障ではやっていけないと思う

    2019.05.14
  3. ワーケーションは楽しい

    2020.07.27
  4. 「仕事をするヒト」の3タイプ

    2019.08.25
  5. これからの働き方について考える

    2017.04.26
  6. モノづくりの現場に「仕様書」はあってないようなもの

    2019.11.19

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP