Loading

MESSAGE

はじめまして、株式会社デザインプラス代表取締役の中田俊行です。
うちの仕事に興味を持ってくれてありがとうございます。
「社長メッセージ」というと、ありきたりな言葉が並べられて、本音が見えないイメージを持つ人はきっと多いでしょう。
あなたは建前を聞いてもつまらないでしょうし、本音でぶつかりたいと思います。

何をやっている会社なのか?

うちは何をやっている会社かというと、簡単に言うと、全世界のウェブサイトの価値を上げる仕事です。例えば、こちら(STORYORION)を見てください。このサイトは弊社が販売している「TCD(WordPressテーマ)」ブランドで作られたデモサイトです。あなたはこれを見て、何を感じましたか?

ウェブサイトはファーストインプレッションで印象を残すことがマーケティング上有効なのですが、僕らはそうしたウェブサイトの価値を向上させるツールを日々開発し、国内、ひいては全世界のサイトの価値向上のお手伝いをしているわけです。

ただ美しいサイトを作るだけではない

僕たちは、デザインの観点からマーケティングするチームです。なので、実質的にはマーケティング会社とも言えます。実際、サイトが綺麗なだけでは、売上に結びつきません。集客から販売に至るまでの導線がどのようになっているかによって、売上は変わってくるからです。だから、僕らと一緒に仕事をするということは、モノが売れていくプロセスを追求することに他なりません。あなたがエンジニアであっても、です。

そして、ここで得たマーケティングの知識やスキルはどの業界に行っても他人との差別化に繋がる能力になりますし、いざ自分が起業した時にも真価を発揮します。デザインプラスで仕事することで、大企業では決して学べない、自分の力で生きていくための幅広いスキルを包括的に学ぶことができるわけです。

リモート勤務、フレックスタイム制という先進的な働き方

ここでおもしろい話をしましょう。僕らの会社にはオフィスはありますが、誰も出勤していません。全スタッフがリモート勤務体制だからです。自宅だろうがカフェだろうが、ちゃんと仕事ができるならどこで働いてもオッケーです。さらに、フレックスタイム制なので、時間も融通を効かせることができます。これは創業当初から続いている我が社の伝統です。

なぜ、このような環境を用意しているのか。1つは、私が誰かに管理されるのが嫌だからです。だから、管理も極力したくないのです。各々が独立した精神で協力しあう。そういうチームを本気で目指しています。また、自分で自由な時間を作って、外の世界を見て欲しいという思いもあります。遊びによって得られたものを仕事に活かしてほしいわけです。

奴隷からの解放

弊社のような働き方は、世界的にスタンダードとなりつつありますが、日本社会にはまだまだ浸透していません。原因は、企業側にとって運用の難易度が高いことです。なぜなら、自由な働き方は、「人を管理する」ことを前提としていないので、いくらでも仕事をサボれるからです。その結果、業務監視ソフトを入れたり、報告を密にさせたりして、管理コストが跳ね上がる。今の日本社会には向かないワークスタイルというわけですね。

とは言っても、「誰かに管理される」ってなんかおかしいですよね。自分の貴重な時間の切売りをして、お金を得る。やりたくないことを強いられること自体、これは奴隷に他なりません。嫌なことを我慢するからお金が貰えるんだ、と思っている人がいますが、それは明確に違うと言い切れます。自らも楽しみ幸せを感じるから、顧客を幸せにできるのです。

仕事がやりたい人だけを求ム

子供の勉強を例に挙げましょうか。親に勉強をやらされている子はつまらないと思っているから、監視の目がなくなればやらない。でも、目標ややりがいを感じて学ぶ子は、放っておいても没頭してやるものです。大事なのは時間を忘れるほど目の前のことに没頭できるか。これがないと、ぼくらと良い関係で仕事することはできません。

ラクしてお金が欲しいとか、指示がないと動けない人はうちには向いていません。もしそういう人が入社しても、社風に馴染めずについて来れなくなるので、時間の無駄です。マネジメントで統制されたチームではなく、自立した人同士が誰にも負けない武器をそれぞれ持ち寄って、シナジーを生み出すチームであり続けたい。そういう思いでチームは構成されています。

「自由」と「責任」は1セット

もし、あなたがこの人生の中で「自由」を勝ち取りたいなら、責任を背負うことになります。ここでの責任とは、プロジェクトに失敗したからリーダーとして責任を取れ、という小さな話ではありません。自分の周りで起きているすべての現象を自分のこととして引き受けられるか、という話です。

例えば、フリーランスのデザイナーは、クライアントからいつ仕事を打ち切られるかわからない厳しい世界です。品質が低かったから、納期が遅れたからなど理由は様々です。要は、クライアントを満足させなければ、次はないわけです。じゃあどうすればいいか。自由を勝ち取る為には、そうしたことを自己責任の世界観で考えなければいけないということです。

うちの会社に合わない人

以下に該当する人はたぶん続かないので、さっさとページを閉じた方がいいでしょう。
・責任を負わずにお金を稼ぎたい人
・マニュアルや指示がないと動けない人
・成果主義に適応できない人
・安定志向の人

うちの会社にマッチングする人

以下に該当する人はうちの会社にマッチするかもしれません。
・自らスキルを磨ける人
・自分の頭で考えたことを実行に移せる人
・時間を忘れるほど、仕事に没頭する人
・これから起業したい人
PAGE TOP